PR

ニュース 社会

伊方町長、揺れる司法判断に「安全・安定的運転に危惧」

四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町
四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町

 広島高裁が伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止める仮処分決定を出したことを受け、地元首長からは原発の安定的な稼働に与える影響などを心配する声が上がった。

 同原発が立地する伊方町の高門(たかかど)清彦町長は「司法判断であり、事実として受け入れるより他はない」としつつ、「司法判断による予定外の停止、運転が繰り返されることとなる。安全で安定的な運転に影響を与えないか危惧する」とのコメントを発表した。

 また、伊方町に隣接する同県大洲市の二宮隆久市長は「市としては、今後の動向を注視したい」とした上で、「四国電には、引き続き安全確保を最優先に取り組んでいただきたいと考えている」と求める談話を発表した。

 一方、同県の中村時広知事は「司法の判断にかかわるもので、県は当事者ではないことからコメントを控える。県民の安全・安心を守るため、必要と思われることについて、しっかりと四国電や国に対応を求めていく」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ