PR

ニュース 社会

保釈中の被告にGPS装着、森法相「非常に高い関心を持っている」 16日に私的勉強会設置

首相官邸入りする森雅子法務相=17日午前、首相官邸(春名中撮影)
首相官邸入りする森雅子法務相=17日午前、首相官邸(春名中撮影)

 森雅子法相は17日の閣議後会見で、保釈中の被告にGPS(衛星利用測位システム)の発信機を装着させ、所在を把握する方法などを検討する法相の私的勉強会について「逃亡を防止する方策の一つとしてGPS発信機を装着させる仕組みは検討の対象になり得るもので、非常に高い関心を持っている」と述べた。

 16日に設置された勉強会は弁護士や元検事、元裁判官、大学教授らで構成。保釈中の被告について、海外逃亡の恐れが高い場合などはGPSを使った行動監視を可能とする方向で検討。監視主体を、保釈を許可する裁判所とするか、法執行機関である検察当局とするかなどについても議論する。森氏は「私的な勉強会だが、有識者の方々に幅広く声をかけて、16日も大臣室に2人来ていただいた」と明かした。

 2月の法制審議会(法相の諮問機関)までに具体的な検討を進める方針で、私的勉強会の設置理由について「法制審に諮問する私自身が勉強する必要があると思っているため」とした。

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)ら保釈中の被告が逃走する事件が相次いでいることを踏まえ、森氏は「逃亡を防止し、確実に収容することは極めて重要だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ