PR

ニュース 社会

マグロ産地偽装で有罪判決 秋田、卸売会社と元社員

 メキシコ産クロマグロを長崎県産と偽って販売したとして、不正競争防止法違反(誤認惹起表示)の罪に問われた、秋田県横手市の卸売会社「横手水産物地方卸売市場」の元社員、佐々木大輔被告(34)に対し、秋田地裁は16日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。法人としての同社は求刑通り罰金150万円。

 杉山正明裁判官は判決理由で「常習的で市場の公正な競争を妨げ、国民の信頼を損なうものだ」と指摘した。一方で佐々木被告が反省していることを考慮し、執行猶予を付けた。

 判決によると、佐々木被告は取引書類にメキシコ産マグロの原産地が長崎であると誤認させる表示をし、平成29年8月~30年3月に計93回、秋田県内のスーパー3店にマグロ約3・4トンを約1087万円で販売した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ