PR

ニュース 社会

山形大職員が約537万円着服 懲戒解雇発表

 山形大学は14日、山形県米沢市にキャンパスがある工学部の事務部の男性副課長(53)が、管理を委任されていた学友会費など約537万円を着服したとして、同日付で懲戒解雇したと発表した。男性は「ギャンブルに使った」と着服を認めているという。

 山形大によると、学務課副課長だった男性は平成27年10月から令和元年5月にかけ、大学が工学部の学生から集めた学友会費と、保護者から預かった後援会費を計33回にわたって着服。パソコンやプリンターなどを購入したように見せかけたり、学生の課外活動にかかった経費を水増ししたりするなどの手口を使っていた。

 昨年7月、事務を引き継いだ他の職員が学友会費の受取口座の支払額と管理口座への入金額に食い違いがあるほか、領収書や書類の不備にも気付き、不正が判明した。

 山形大は今後、県警に被害届を提出するとしている。小山清人学長は「学生、保護者の信頼を裏切るような行為で誠に遺憾。深くおわび申し上げる。全力を挙げて再発防止に努める」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ