PR

ニュース 社会

【癒着 IR汚職】(上)秋元容疑者、スペイン・イビサ島視察 「金主」と豪遊

 ズン、ズン、ズン…。暗闇に赤、青、黄の閃光(せんこう)が明滅し、重低音が響く。ステージ上にはエスニックな衣装を着たダンサーが妖しい腰遣いでステップを踏む。美しくライトアップされた港や夜景を一望できる店内に集まった客たちの中に、ひと際大きな声で騒ぐ日本人の一団があった。

 平成30年9月、地中海に浮かぶ「世界有数のパーティーアイランド」として知られるスペイン・イビサ島。予約が取れないことで有名なナイトクラブで輪の中心にいたのが、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で14日、再逮捕された衆院議員、秋元司(48)だった。

 ナイトクラブを訪れる前、秋元らは表敬訪問した初対面のイビサ市長に「あのクラブの予約を取ってもらえませんか」とねだった。当時観光庁を所管する国土交通副大臣だった秋元らの目的はスペインの観光視察。だが、関係者は振り返る。「市長の前でも態度が悪く、夜はクラブで大はしゃぎ。視察というより頭の中は遊びのことしかなかった」

 一団の中には秋元の再逮捕容疑となった贈賄側企業「500ドットコム」の中国本社視察旅行に同行した衆院議員の白須賀貴樹(44)の姿もあった。さらに日本のナイトクラブ業界団体幹部のほか、クラブとは無関係と思われる複数の太陽光事業者ら秋元に政治献金している“金主”たちも加わっていた。

 関係者は言う。「一人数十万円にはなるだろう費用を誰がもったのか知らないが、秋元先生でないだろうことは分かった」

■業者べったり、選挙も丸抱え

 「俺の政治資金収入は1億超えているんだよ。そんな中で300万もらうとか、せこいことやるか? やらねーだろうよ」

 昨年12月25日の逮捕当日、秋元は産経新聞の取材にこう豪語していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ