PR

ニュース 社会

4800万円脱税罪で起訴 建設会社員、除染の謝礼

 東京電力福島第1原発事故の除染業者から受け取った金を申告せず、所得税約4800万円を脱税したとして、福島地検は10日、所得税法違反罪で建設会社員、加治慶一被告(54)=横浜市=を起訴した。仙台国税局が昨年7月、同法違反の疑いで告発していた。

 起訴状によると、会社が取引先の除染業者に支払った契約代金を、自分や知人女性の口座に振り込ませるなどの手口で、平成26~28年の所得のうち約1億3100万円を隠し、約4800万円を脱税したとしている。

 仙台国税局によると、以前、福島県いわき市に住んでおり、福島県内で除染作業を行う会社の工事部長として、作業を取り仕切る立場にあった。30年6月に仙台国税局が査察に着手していた。

 国税局の調査に対し「社債など有価証券の購入や遊興費に充てた」と話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ