PR

ニュース 社会

【瓦礫の教えはいま 震災25年】(2)繰り返される孤独死 ボランティア頼みに限界

 警察官の立ち合いで玄関のドアを開けると、嗅いだことのない異臭が鼻を突いた。阪神大震災から約5年が過ぎた平成12年7月、神戸市長田区の復興住宅の一室。1人暮らしの男性=当時(54)=が、誰にもみとられずに亡くなる「孤独死」を遂げていた。

 「挫折感しかなかった。それを防ぐために活動していたのに…」。現場に遭遇したボランティア団体「チーム神戸」代表の金田真須美さん(60)は自責の念にかられた。

 生前の男性の姿が最後に確認されたのは遺体発見の3日前。復興住宅を訪れ、弁当を手渡した男性スタッフは「顔色が悪くてお酒のにおいがプンプンした」と振り返った。以降、いくらチャイムを押しても返事がない。近くの交番に相談に行った結果が、遺体の発見だった。

 神戸の経験を生かそうと、見守り活動などを行うボランティア団体を立ち上げた金田さん。現在も全国各地の被災地にできた仮設住宅などを訪問している。

 昨年12月、観測史上初めて同地域で震度7を2度記録した28年の熊本地震の被災地、熊本県益城町の「津森仮設」に、金田さんの姿があった。

 集会所でミカンやお茶が置かれたテーブルを囲み談笑する高齢女性ら。「元気にしてた? みんなでケーキを作りたかったけどイチゴが売ってなくて」。金田さんは親しげに1人1人の名前を呼びかける。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ