PR

ニュース 社会

ゴーン被告妻をICPO通じ手配要請 捜査当局

弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン被告(左)と、妻のキャロル・ナハス容疑者=2019年4月3日、東京都千代田区(桐原正道撮影)
弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン被告(左)と、妻のキャロル・ナハス容疑者=2019年4月3日、東京都千代田区(桐原正道撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本の捜査当局が、偽証容疑で逮捕状が出ている前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の妻キャロル・ナハス容疑者(53)について、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配を要請したことが10日、関係者への取材で分かった。

 キャロル容疑者は、保釈中に逃亡したゴーン被告と共にレバノンに滞在しており、実際に逮捕される可能性は低いが、海外での活動を制限する狙いがあるとみられる。

 キャロル容疑者は、会社法違反(特別背任)の罪に問われたゴーン被告に対する捜査の過程で行われた東京地裁での証人尋問で、虚偽の証言をした疑いが持たれている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ