PR

ニュース 社会

東京・赤坂の路上強盗 比国籍の男を逮捕、現金横取り役トップか

 東京都港区赤坂の路上で昨年1月、貴金属買い取り業者が現金約8千万円を強奪された事件で、警視庁捜査1課は強盗致傷容疑で、フィリピン国籍のスレタ・ジーアン・レイ容疑者(21)=住所・職業不詳=を逮捕した。

 スレタ容疑者は路上強盗の実行役から現金を横取りしたグループのトップとされ、調べに「覚えていない」と容疑を否認している。事件の首謀者が捜査の攪乱(かくらん)を狙い、スレタ容疑者らに実行犯を襲撃させたとみられている。一連の事件での逮捕者は19人目。

 逮捕容疑は、他の男らと共謀して昨年1月5日、路上強盗の実行役の元少年(20)を自動車に連れ込み、埼玉県内を走行中の車内などで殴ったり蹴ったりして、現金約8100万円を奪ったとしている。少年は鼻の骨を折るなど4週間のけがを負った。

 捜査1課によると、スレタ容疑者は元少年に暴行を加えた後、ひそかに現金を別のバッグに移し替えて1人で持ち去っていた。これまでに現金は発見されておらず、同課はスレタ容疑者からさらに別の人物に渡ったとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ