PR

ニュース 社会

相模原殺傷、植松被告執筆の漫画配信 実話誌「動機解明に期待」

植松聖被告の漫画「TRIAGE(トリアージ)」の電子版
植松聖被告の漫画「TRIAGE(トリアージ)」の電子版

 相模原知的障害者施設殺傷事件で殺人罪などに問われた植松聖被告(29)が、クローン人間の「人格」に触れた漫画を雑誌に連載し、初公判が開かれた8日から電子書籍の配信も始まったことが9日分かった。

 「TRIAGE(トリアージ)」と題され、臓器提供を目的に製造されたクローンが「心」を持ち「暴走」する物語。執筆を持ち掛けた月刊誌「実話ナックルズ」(大洋図書)編集部の宮市徹編集長は「重度障害者を『心失者』と呼ぶ被告の動機を解明する上で、漫画ならば言葉にならない部分も出てくるのではと期待した」としている。

 同誌では既に昨夏から1年の予定で連載。最新の第5話には、初公判を前に自身の犯行を正当化する手記も併録した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ