PR

ニュース 社会

女子生徒に犬の首輪つけ指導 奈良の塾経営者、容疑で逮捕

 学習塾の教え子である女子生徒に首輪をつけて監禁したとして、奈良県警奈良西署は7日、逮捕監禁の疑いで、奈良市藤ノ木台、学習塾「平成進学会藤ノ木台教室」経営、伊藤耕司容疑者(62)を逮捕した。「すべて私がしたこと。間違いない」と容疑を認めている。女子生徒にけがはなかった。

 逮捕容疑は昨年11月17日午後1時~同4時20分ごろ、自身が奈良市内で経営する学習塾の教室で、県内に居住している10代の女子生徒の首や両足首に犬用の首輪をつけて結束し、逮捕監禁したとしている。

 女子生徒と保護者が同20日、奈良西署に相談して発覚した。

 伊藤容疑者はマンツーマンで勉強を教えていた際、女子生徒に「これをつけろ」などといって首輪をつけさせ、首と両足首をリードでつないだ状態で指導。両手は自由に動かせたため、女子生徒はそのまま勉強を続けたという。

 同署によると、伊藤容疑者の塾は小学生~高校生を対象に個別・集団指導を行っている。アルバイトを含む複数の講師を抱え、数十人の生徒が受講。伊藤容疑者自らも複数の教科を教えていた。一方で同様の被害相談はないといい、同署は目的や動機を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ