PR

ニュース 社会

政治家の紹介当然 「大手と組め」など助言は便宜の可能性 IR汚職

 観光会社が、国土交通副大臣として航空行政も所管する秋元容疑者に空港整備について相談した背景には、苦境を打開する狙いもあったとみられる。結局、担当部署からは「新規開設は難しい」という趣旨の返答があったという。

 秋元容疑者の具体的な助言は他にも浮上。オンラインくじを主要事業とする「500」社はカジノ運営経験がないことから、「大手カジノ業者と組んだ方がいい」とアドバイス。また、国会審議でギャンブル依存症対策が取り上げられたことから、「依存症対策をきちんとやるべきだ」とも助言していたという。

 秋元容疑者は逮捕前、「(便宜は)何もしていない」と繰り返し強調。弁護人は、担当部署紹介について「議員が窓口を教えることはよくある話で、担当に何か指示したわけじゃない」と反論する。

 古い知人は秋元容疑者について「政治家の仕事は口利きだと思っていた節がある」と語り、相談されると、その場で電話で関係者を紹介するなど対応の早さで知られていたという。

 ある検察OB弁護士は「他の業者より有利になるような助言をすれば便宜になる可能性はある」と指摘する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ