PR

ニュース 社会

全日空CAからアルコール 遅れ4便、前夜に飲酒

全日空(ANA)のロゴマーク
全日空(ANA)のロゴマーク

 全日空は4日、福岡発成田行きの3日朝の2142便に乗務予定だった20代の女性客室乗務員(CA)から乗務前の呼気検査でアルコールを検出したと明らかにした。乗務員を交代させた影響で、この便と福岡発羽田行き3便の計4便に最大25分の遅れが出た。乗務員は社内規定に反し、前日夜に飲酒していた。

 全日空によると、2142便は3日午前7時20分出発予定。CAからは午前6時半ごろの検査で、呼気1リットル当たり0・14ミリグラムのアルコールを検出し、出発が25分遅れた。

 CAは社内調査に対し、福岡空港で乗務を終えた2日夜、飲食店で社外の友人と焼酎を飲んだと説明。「軽率な行為で反省している」と話しているという。

 国内航空各社では、パイロットによる飲酒不祥事が続発したことを踏まえ、客室乗務員も乗務の前後にアルコール検査することが義務付けられている。全日空では、客室乗務員を対象に、滞在先では次の勤務開始24時間前を過ぎて飲酒することを禁じている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ