PR

ニュース 社会

新生児の娘放置、死なす 東京・足立、容疑の母親逮捕「金なかった」

 生後間もない娘を自宅に放置して死亡させたとして、警視庁西新井署は2日、保護責任者遺棄致死容疑で、東京都足立区西新井、アルバイト従業員、池田知美容疑者(31)を逮捕した。調べに対し、「金がなく、病院に連れて行けなかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月28日ごろから同30日ごろまでの間、自宅2階の寝室のベッドに生後間もない娘を放置し、今年1月1日に搬送先の病院で死亡させたとしている。遺体に目立った外傷はなく、同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。

 同署によると、池田容疑者は1人暮らしで、12月28日朝に自宅の浴室で娘を出産したとみられる。同29日と30日はパチンコ店とキャバクラのアルバイトを掛け持ちし、長時間自宅を空けていた。

 池田容疑者は「30日から娘の泣き声がかすれ、手足の動きが鈍くなっていた」などと供述。1月1日夜になって「子供が動かなくなった」と自ら119番通報し、駆けつけた救急隊が心肺停止状態の娘を発見した。

 池田容疑者は妊婦検診を受けておらず、出産後も医療機関を受診していなかった。娘の体重は1360グラムほどだった。池田容疑者は出産後、薬局などで粉ミルクや哺乳瓶を購入し、娘にベビー服を着せていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ