PR

ニュース 社会

関東で20度超えも 北日本は風や雪強まる

12月31日18時現在のひまわり雲画像
12月31日18時現在のひまわり雲画像

 冬型の気圧配置となった影響で31日、北日本の日本海側を中心に風や雪が強まった。気象庁は、北海道では1月2日にかけ猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒するよう呼びかけた。

 気象庁によると31日、北海道えりも町のえりも岬で最大瞬間風速34・5メートル、山形県酒田市の飛島で30・9メートルを観測した。

 1日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空約1500メートルには氷点下15度以下の寒気が流れ込む見込み。北日本では2日にかけ、雪を伴って風が強く吹くとみられる。

 31日と1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道20メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)、2日は北海道で15~19メートル(25~35メートル)。1日に予想される波の高さは、北海道、東北、北陸5メートル。

 一方、関東では31日、気温が上がり、横浜市20・3度、千葉県市原市21・2度、埼玉県寄居町20・2度など最高気温が20度を超え、10月下旬並みとなった所も。東京都心は16・5度で、11月中旬並みだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ