PR

ニュース 社会

特捜部VS秋元容疑者、越年捜査で全面対決 現金授受、便宜供与の有無が焦点 IR汚職

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)は、東京地検特捜部の取り調べに対し徹底して容疑を否認、特捜部と全面対決の様相を見せている。今後の捜査のポイントは、現金の授受と秋元容疑者から日本でのIR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側への便宜供与があったかどうかだ。

■密室での受け渡し

 接見した弁護士によると、秋元容疑者は、勾留されている東京拘置所(東京都葛飾区)で疲れも見せず、元気な様子だという。取り調べは30日以降も午後から夜にかけて行われる見通し。昨年も日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告=会社法違反罪などで起訴=に対し、年またぎで取り調べが行われており、2年連続の越年捜査となる。

 逮捕容疑の一つは、IR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月、IRへの参入で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら「500」社側から現金300万円を受領したこと。

 贈賄容疑で逮捕された同社元顧問の紺野昌彦容疑者(48)らは衆院議員会館の事務所で現金入りの紙袋を直接手渡したと供述。これに対し、秋元容疑者は「お金はもらっていない。2年前のことで、そもそも(紺野容疑者らと)会った記憶もない」と容疑を否認しているという。

 賄賂の受け渡しが密室で行われる贈収賄事件は一般的に客観証拠に乏しいケースが多く、立証ハードルが高いとされる。岐阜県美濃加茂市長(当時)は26年、業者から計30万円を受け取ったとして事前収賄などの罪で起訴された。後に最高裁で有罪が確定するが、1審名古屋地裁は「業者の供述は不自然で変遷しており、合理的な疑いが残る」として無罪を言い渡した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ