PR

ニュース 社会

年末スリ警戒中、警視庁捜査員が窃盗容疑で中国籍の男逮捕 東京・上野

警視庁
警視庁

 東京・上野のJR御徒町駅で電車待ちをしていた会社員の男性(64)のショルダーバッグから現金約7000円などが入った財布を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、中国籍で住居不定、職業不詳の陳志強容疑者(56)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。男性はバッグを背中側に回して肩にかけており、同様の持ち方をした人を狙ったとの供述もしているという。

 同課によると、年末年始のスリ警戒中だった同課員が27日、駅近くで通行人のバッグに目線を送る不審な行動をとっていた陳容疑者を発見。追跡して動向を確認していた。駅ホームでは男性のすぐ後ろに並び、チャックが閉まっていたバッグを気付かれないように開けたとみられる。

 逮捕容疑は27日午後5時10分ごろ、同駅ホームで男性の財布を盗んだとしている。

 同課の大野賢司課長は「チャックを閉めていても、バッグが背中側にあるなどするとスリ犯は狙ってくる。警戒を怠らないでほしい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ