PR

ニュース 社会

中国旅費も贈賄側負担か 秋元容疑者の本社訪問 IR汚職事件

自身が関係する企業が東京地検特捜部の家宅捜索を受け記者団から質問される自民党・秋元司衆議院議員=12月9日午後、国会内(春名中撮影)
自身が関係する企業が東京地検特捜部の家宅捜索を受け記者団から質問される自民党・秋元司衆議院議員=12月9日午後、国会内(春名中撮影)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側が、内閣府のIR担当副大臣だった衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が本社を訪問する際の旅費を一部負担していた疑いがあることが27日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は賄賂に当たる可能性がないか慎重に調べている。

 秋元容疑者は、IR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月、IR事業で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら、「500」社側から東京都内で現金300万円を受領。30年2月には妻子と北海道旅行への招待を受け、旅費など約70万円相当の利益供与を受けた疑いが持たれている。

 秋元容疑者は29年12月、「500」社が用意したプライベートジェットで広東省深(しん)●(=土へんに川)(せん)の同社本社を訪問。秋元容疑者の政治団体から「旅費」として紺野容疑者が関係する香港の会社に256万円支出された。

 関係者によると、この政治団体の政治資金収支報告書に記載された支出額と、香港の会社が発行した領収書の金額が異なり、支払いの一部が確認できない状態になっているという。

 この中国訪問には白須賀貴樹衆院議員(44)、勝沼栄明前衆院議員(45)も同行。特捜部は25日、贈収賄事件の関係先として2人の地元事務所などを家宅捜索していた。

 秋元容疑者は逮捕前、産経新聞の取材に対し、中国訪問について「経済視察だった。中国企業が準備したプライベートジェットで行ったが、費用は支払い、報告書に記載した。お菓子と急須みたいなものをもらったが贈収賄にはならない」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ