PR

ニュース 社会

IR汚職、衆院解散当日に300万円 元顧問が政界工作主導

その他の写真を見る(2/2枚)

 29年8月に同社が那覇市で開いたシンポジウムで秋元容疑者に基調講演を依頼したほか、紺野、仲里両容疑者は、国土交通省の副大臣室など秋元容疑者のもとへ足しげく通った。

 ■256万円を関係会社へ

 同年12月に秋元容疑者は「500」社のプライベートジェットで、白須賀貴樹衆院議員(44)、勝沼栄明前衆院議員(45)と広東省深●(=土へんに川)(しんせん)の同社本社へ。渡航費は、紺野容疑者関係の香港の会社に秋元容疑者の政治団体から256万円を支出したという。

 白須賀氏は昨年10月から今年9月まで内閣府政務官だったが、IRは担当外。超党派のIR推進議連に名前を並べるなど秋元容疑者との関係が深い。特捜部は関係先として白須賀、勝沼両氏の地元事務所などを家宅捜索した。

 さらに那覇市のシンポジウムに参加した沖縄県議や、IR誘致を計画した北海道留寿都(るすつ)村の有力村議にも頻繁に面会。計画が30年春頃に頓挫した後も、今年11月に国会議員12人を招いて会合をセットするなど政界との接触に腐心した。

 ■中国企業も口車に?

 「500」社のIR参入に当たって多くの政治家に接近した背景には、劣勢に立たされていた状況からの巻き返しを図るという動機があったとみられる。

 IR参入を表明した29年8月時点では既に欧米カジノ業者が各自治体と激しい交渉合戦を展開。カジノ運営歴のない同社は大手のカジノ運営業者と協力する必要があるが、業界関係者は「大手が既に各地で活動しており、新参の中国資本が後から入ってくるには無理筋感があった」と話す。

 ある検察関係者は「中国では政府関係者に資金を渡すことに心理的ハードルが低い。『500』社はブローカー役の紺野容疑者の口車に乗せられた面もあるのではないか」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ