PR

ニュース 社会

IR汚職、衆院解散当日に300万円 元顧問が政界工作主導

自身が関係する企業が東京地検特捜部の家宅捜索を受け記者団から質問される自民党・秋元司衆議院議員=9日午後、国会内(春名中撮影)
自身が関係する企業が東京地検特捜部の家宅捜索を受け記者団から質問される自民党・秋元司衆議院議員=9日午後、国会内(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が現金300万円を受け取ったのは、平成29年9月の衆院解散当日だったことが26日、分かった。選挙の「陣中見舞い」名目だったとみられる。贈賄容疑で逮捕された中国企業「500ドットコム」元顧問で「ブローカー」とも呼ばれる紺野昌彦容疑者(48)はIR参入を有利にするため、秋元容疑者を含めさまざまな政治家に接近、「政界工作」を主導していた。

 ■現金袋を直接手渡し

 「地域のキーマンや政府関係者に(カジノ企業を)つなげている。IRに関連する国会議員の先生方から情報収集にご協力頂けた」。紺野容疑者は、29年8月掲載のネットメディアのインタビューで、海外のカジノ企業との関係についてこう答えていた。

 関係者によると、紺野容疑者と同社元顧問、仲里勝憲容疑者(47)=贈賄容疑で逮捕=は、衆院が解散された29年9月28日、衆院議員会館の事務所で秋元容疑者と面会。2人は「『500』社からの陣中見舞い」という名目で現金の入った紙袋を秋元容疑者に直接手渡したという。

 同社のIR参入に向けた「政界工作」を本格化させた紺野容疑者の最大のターゲットになったのが、仲里容疑者の人脈でつながる秋元容疑者だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ