PR

ニュース 社会

飲酒ひき逃げ、スノボ「銅」の平岡卓選手を在宅起訴

 飲酒の影響が残る状態で人身事故を起こし、発覚を免れるため負傷者6人を残して逃走したとして、奈良地検葛城支部は26日、自動車運転処罰法違反(過失傷害アルコール等影響発覚免脱)と道交法違反(ひき逃げ)の罪で、2014年ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ銅メダリストの平岡卓選手(24)=奈良県御所市=を在宅起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、9月29日午前9時55分ごろ、同県葛城市内の県道で、飲酒の影響が残る状態で乗用車を運転し、軽乗用車に追突。運転していた女性(40)と、弾みで近くにいた5~85歳の男女5人にけがをさせた後、そのまま逃走し、自宅で過ごすなどしてアルコールの影響が発覚するのを免れたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ