PR

ニュース 社会

確定死刑囚1人の刑執行 福岡一家殺害の中国人

 法務省は26日、平成15年の福岡市一家4人殺害事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた中国人の元専門学校生、魏巍(ウェイウェイ)死刑囚(40)=福岡拘置所=の刑を同日午前に執行したと発表した。

 死刑執行は8月2日以来で、今年に入って3人目。10月31日に就任した森法相のもとでは初めてとなる。24年12月発足の第2次安倍政権以降では計39人となる。

 確定判決によると、魏死刑囚は中国人の男2人と共謀。15年6月20日、強盗目的で福岡市東区の衣料品販売業、松本真二郎さん=当時(41)=方に侵入し、松本さん夫妻と長男、長女の一家4人を殺害。遺体に重りを付けて博多港に沈めるなどした。

 共犯の中国人2人は犯行直後に中国に帰国したが、中国内で身柄を拘束された。魏死刑囚の公判では、犯罪人引き渡し条約を結んでいない中国の公安当局が作成した調書が日本の裁判で初めて採用された。

 中国の裁判所は共犯の1人に死刑判決を言い渡し、17年7月に刑が執行された。もう1人は「自首し、事件解明に協力した」として無期懲役が確定した。

 昨年は、麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=らオウム事件の13人を含め計15人に刑を執行。年15人の執行は、平成では20年に並び最多だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ