PR

ニュース 社会

【総務次官 事実上更迭】高市総務相会見詳報(1)「情報源はコメント控える」

鈴木茂樹総務事務次官の懲戒処分について記者会見する高市総務相(左)=20日夕、総務省
鈴木茂樹総務事務次官の懲戒処分について記者会見する高市総務相(左)=20日夕、総務省

 高市早苗総務相は20日、記者会見し、鈴木茂樹事務次官がかんぽ生命保険の不適切販売問題を起こした日本郵政グループに対する行政処分案の検討状況について漏洩(ろうえい)していたと発表した。20日付で停職3カ月の懲戒処分にしたが、鈴木次官は同日付で辞職した。事実上の更迭となる。

 高市氏は記者会見でまず、「日本郵政グループの鈴木康夫取締役上級副社長に漏洩を行っていた。本件は情報の漏洩によって、公務の中立性を損なう非違行為であり、国家公務員法99条に定める信用失墜行為にあたる」と説明した。

 その上で「昨日、国家公務員法84条に基づく、懲戒権限として、鈴木次官に停職3カ月の懲戒処分を決め、鈴木次官に伝えた。本件処分を受け、本日、事務次官から辞表が提出され、辞職を承認した」と経緯を語った。

 高市早苗総務相は20日、記者会見し、鈴木茂樹事務次官がかんぽ生命保険の不適切販売問題を起こした日本郵政グループに対する行政処分案の検討状況について漏洩(ろうえい)していたと発表した。20日付で停職3カ月の懲戒処分にしたが、鈴木次官は同日付で辞職した。事実上の更迭となる。

 高市氏は記者会見でまず、「日本郵政グループの鈴木康夫取締役上級副社長に漏洩を行っていた。本件は情報の漏洩によって、公務の中立性を損なう非違行為であり、国家公務員法99条に定める信用失墜行為にあたる」と説明した。

 その上で「昨日、国家公務員法84条に基づく、懲戒権限として、鈴木次官に停職3カ月の懲戒処分を決め、鈴木次官に伝えた。本件処分を受け、本日、事務次官から辞表が提出され、辞職を承認した」と経緯を語った。

 20日の閣議で、鈴木次官の退職、黒田武一郎総務審議官が総務事務次官に昇格する人事を決めた。

 高市氏は「総務省の事務方トップにある事務次官の公務に対する信頼を失墜させる行為を行ったことがまことに残念。総務大臣としておわび申し上げる」と陳謝し、自身の給与を3カ月間、自主返納することを明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ