PR

ニュース 社会

現金の束入りジュラルミンケース発見、手つかずか 青梅男性殺害

 東京都青梅市成木の民家で住人の無職、小川和男さん(67)が頭を殴られて殺害された事件で、敷地内にある母屋と隣接した建物から現金が入ったジュラルミンケースが見つかったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁青梅署捜査本部は犯人がこうした現金を狙って事件を起こした可能性があるとみているが、現場の状況からこの建物には立ち入らずに逃走したとみられる。

 捜査関係者によると、小川さんが以前生活していた建物の2階から3個のジュラルミンケースが見つかり、うち1個には帯封付きの現金の束が敷き詰められていた。ケースは底上げされていたほか、現金の束に同じ大きさの紙片が混じるなどしており、捜査本部は今後、正確な金額の把握を進める。これまでに現場から持ち去られた金品などは確認されていない。

 小川さんは近隣住民や知人に対して、多額の現金を所有していると説明、「1億円が入っている」として現金入りのジュラルミンケースを見せたこともあったとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ