PR

ニュース 社会

母と弟を刺した無職男、殺人未遂で逮捕 母死亡 殺人へ切り替え 栃木

 自宅で母親と弟を刺したとして栃木県警矢板署は18日、殺人未遂容疑で同県塩谷町玉生の無職、斎藤光希(こうき)容疑者(20)を逮捕した。母親の麻由美さん(45)はその後、搬送先の病院で死亡が確認され、県警は殺人容疑に切り替えて捜査を進める。高校生の弟(17)は大けがを負ったものの命に別状は無く、県警に対して、「兄は家に引きこもっていた」という趣旨の説明をしているという。

 逮捕容疑は同日午後2時50分ごろ、斎藤容疑者が、麻由美さんと弟の3人で暮らす自宅で、2人にナイフで襲いかかり、けがを負わせたとしている。麻由美さんは頭部などを、弟は背中などを複数回刺されているという。

 弟は近所の家に逃げ込んで助けを求め、この家の男性が110番通報。駆け付けた警察官が自宅近くで倒れている麻由美さんを発見した。斎藤容疑者は3軒隣の家の玄関内にいたところを発見され、血のついたナイフが自宅に残されていたことから現行犯逮捕された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ