PR

ニュース 社会

元TBS記者に賠償命令 「合意ないまま性行為」 東京地裁

報道陣が集まった東京地裁前で取材に応じる伊藤詩織さん=18日午前、東京・霞が関(大竹直樹撮影)
報道陣が集まった東京地裁前で取材に応じる伊藤詩織さん=18日午前、東京・霞が関(大竹直樹撮影)

  ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBS記者の山口敬之氏(53)にホテルで乱暴され精神的苦痛を負ったとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。鈴木昭洋裁判長は「酩酊(めいてい)状態で意識のない伊藤さんに合意のないまま性行為に及んだ」として山口氏に330万円の支払いを命じた。

 鈴木裁判長は、伊藤さんが性行為後に一刻も早くホテルを立ち去ろうとしたことや、数日後に友人や警察に相談したことは「性行為が意思に反したものだったことを裏付ける」と指摘。合意のない性行為で、不法行為に当たると判断した。

 伊藤さんの訴えは性暴力を告発する動き「#MeToo」運動にも大きな影響を与えた。

 山口氏は、伊藤さんが著書などで被害を公表したことで名誉を傷つけられたとして1億3千万円の賠償を求めて反訴していたが、判決は「性犯罪被害者を取り巻く法的、社会的状況の改善につながるとして公表したことが認められ、公益を図る目的だった」と指摘。山口氏の請求を棄却した。

 判決後、伊藤さんは「きちんと答えを出していただけたことに感謝している。誰もが被害者、加害者、傍観者にならないよう考えなければならない。これからも自分のできる範囲で話し続けたい」と語った。

 判決によると伊藤さんは27年4月、就職先の紹介を受けるため山口氏と会食した際に意識を失った。伊藤さんはその後、ホテルで性的暴行を受けたと主張。山口氏は合意があったと反論していた。

 山口氏は東京都内で会見し「主張が無視された。納得できないので、すぐに控訴する」と話した。

 伊藤さんは準強姦容疑で警視庁に被害届を提出したが、東京地検は嫌疑不十分で不起訴とし、検察審査会も不起訴相当と議決した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ