PR

ニュース 社会

横浜・鶴見川河口で男性の漂流遺体

 14日午前8時30分ごろ、横浜市鶴見区の鶴見川河口付近の海上で、「うつぶせの状態で漂流している遺体を発見した」と航行中の遊漁船の船長から第三管区海上保安本部に通報があり、駆けつけた横浜海上保安部の巡視船が、男性の遺体を収容した。

 同保安部によると、男性は推定で60歳代~70歳代で、身長164センチの痩せ型、白髪で短髪だった。黒色のジャケットと長袖カーディガンなどのほか、黒色スラックスなどを身につけていた。死後3~7日が経過しているとみられるが、発見時に目立った外傷はなかった。

 同保安部は、身元の確認を急ぐとともに、死因を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ