PR

ニュース 社会

「殺すぞ」と脅す息子 「死に場所を探す」と決意した父 元農水次官の苦悩

初公判に出廷した、元農林水産事務次官熊沢英昭被告(イラスト・勝山展年)
初公判に出廷した、元農林水産事務次官熊沢英昭被告(イラスト・勝山展年)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京都練馬区の自宅で長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の無職、熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の初公判が11日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれた。熊沢被告は起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、長男の英一郎さん=当時(44)=の家庭内暴力を恐れ、殺害を決意したと指摘した。

 熊沢被告は、なぜ長男を殺害するまで追い詰められたのか。検察、弁護側双方の冒頭陳述からは、発達障害などの診断を受けた長男との関係に苦慮していた姿が浮かび上がった。

 「これしか他に方法はないと思います。死に場所を探します。見つかったら散骨してください。英一郎も散骨してください」。熊沢被告が事件直前に妻に宛てて書いた手紙を検察側が読み上げると、熊沢被告はうつろな表情を浮かべた。

 検察側によると、英一郎さんは私立中学でいじめに遭うなどし、妻に暴力を振るうようになった。帰宅すると暴れ、包丁やライターを突きつけることもあったという。大学進学を機に1人暮らしを始め、後に職に就くが、平成20年からは仕事をせず自宅でゲームをするなどして過ごしていた。

 事件1週間前に実家に戻り、その日は家族3人で穏やかに過ごした。しかし翌日、英一郎さんは泣きながら「お父さんはいいよね。東大出てて何でも自由になって。私の44年の人生は何だったんだろう」と語ったという。その後、熊沢被告がごみの処分について話題にすると立腹。熊沢被告の髪の毛を引っ張ってサイドボードに頭を打ち付けるなど暴行を加えた。

 「殺人罪」「執行猶予」。熊沢被告は事件2日前、こんな言葉をインターネットで検索。検察側は「英一郎さんの殺害を考慮しながら過ごすようになった」と指摘した。犯行に使われた凶器の包丁は農水省時代に治水事業の記念品として贈られたものだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ