PR

ニュース 社会

銃撃事件を県警に通報せず 玉沢元農水相、容疑者は住民とトラブルも

銃撃事件を受け、玉沢徳一郎元衆院議員の自宅周辺に集まった報道関係者ら=10日夜、盛岡市
銃撃事件を受け、玉沢徳一郎元衆院議員の自宅周辺に集まった報道関係者ら=10日夜、盛岡市

 盛岡市の自宅周辺で玉沢徳一郎元農林水産相(81)が銃撃された事件で、玉沢氏が岩手県警に通報していなかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。負傷し入院中の玉沢氏は県警の事情聴取に応じておらず、県警では聴取でき次第、経緯を調べる方針。

 事件をめぐっては、拳銃を持参して盛岡東署に自首し、銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕された同県奥州市の農業、高橋脩(ひさし)容疑者(82)の自首によって発覚。「選挙の恨みで撃った。金銭トラブルがあった」などと供述しており、県警では拳銃の入手ルートなどを調べている。

 インターネット上では、玉沢氏の高校の同級生を名乗る容疑者と同姓同名の人物が、貸した選挙資金1千万円が返済されていないと投稿していた。玉沢氏が初出馬した昭和44年の衆院選で、陣営の事務局長を務めたともつづっていた。

 関係者によると、高橋容疑者は約20年前から奥州市内に居住。居住場所などをめぐって地元住民との間で過去に法的なトラブルを抱えており、現在は同市内のビニールハウスで生活をしていた。地元住民に対して「てめえ、何しにきた」などと暴言を吐くこともあったという。近所の住民は「いつかこんなこと(事件)を起こすと思っていた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ