PR

ニュース 社会

拾ったスマホで彼氏装い 少女を自宅に誘拐

 拾ったスマートフォンを悪用し、所有者の交際相手の少女を自宅に誘拐したとして、大阪府警四條畷署はわいせつ目的誘拐などの疑いで、大阪府大東市の建設作業員、前田善広容疑者(42)を逮捕した。「太ももを触った。わいせつな行為をしたかった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9日午後6時ごろ、大阪市内のコンビニエンスストアのトイレで拾ったスマホの所有者の男性になりすまし、SNS(会員制交流サイト)を使って男性の交際相手の10代少女を自宅に誘い出し、10日午前1時40分~4時半ごろまでの間、自宅に誘拐したなどとしている。

 同署によると、少女が9日午後11時ごろ、男性のスマホに「家に行っていい?」とメッセージを送信。スマホを拾っていた前田容疑者は「友達の家にいる」と返信して大東市の自宅に誘い出した。

 前田容疑者は自宅で、男性の知人を装い、「男性は外出している」などと説明したため、少女は3時間近く滞在。男性のスマホが悪用されていると気がついた知人からの連絡を受けて自力で脱出した。少女にけがはないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ