PR

ニュース 社会

がん患者にモルヒネを過剰投与 患者は死亡

 大阪府結核予防会大阪病院(同府寝屋川市)で10月、末期がんで入院していた女性(70)に対し、病院が痛み止めのモルヒネを過剰投与していたことが11日、同病院への取材で分かった。女性はその後死亡。大阪府警が、業務上過失致死容疑を視野に詳しい死因など過剰投与との因果関係を慎重に調べている。

 同病院などによると、女性は末期の肺がんで、モルヒネを機器で投与していた10月26日、意識を失っているのを看護師が発見。その後女性は死亡した。病院が調べたところ、モルヒネが機器から女性に過剰投与されていたことが判明したという。

 病院を運営する一般財団法人「大阪府結核予防会」(大阪市中央区)はモルヒネの過剰投与があったことを認めたうえで、「(女性の死亡は)肺がんが原因と考えている」と死亡との因果関係を否定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ