PR

ニュース 社会

作新学院高野球部員が練習中に体調不良 7人搬送

 全国有数の強豪として知られる作新学院高(宇都宮市一の沢)の硬式野球部員12人が練習中に体調不良を訴え、うち7人が救急搬送されていたことが10日、同校への取材で分かった。部員らは低血糖や脱水症状と診断され、昼食を取らずに練習を続けたことが原因とみられる。

 同校によると、部員が搬送されたのは今月1日の練習中。同日は午前10時ごろから行われていた試合形式の練習が長引き、約3時間に及んだという。その後行われた8キロのインターバル走を終えた後、12人が手足のしびれなどを訴え、7人が搬送された。

 当日は気温が低く、水分補給もおろそかになっていた可能性があるという。現在は全員が練習に復帰しており、同校は「重く受け止め、生徒の体調に最大限配慮した練習をしていきたい」としている。

 同校硬式野球部は春夏合わせて甲子園で3回の優勝経験があり、今夏の甲子園でもベスト8まで勝ち上がった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ