PR

ニュース 社会

飼い主「連れ去りの可能性も」山梨のドーベルマン不明

いなくなったドーベルマンの「ゾロ」の首輪から外れたワイアの留め具=9日午後、山梨県中央市山之神(渡辺浩撮影)
いなくなったドーベルマンの「ゾロ」の首輪から外れたワイアの留め具=9日午後、山梨県中央市山之神(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 山梨県中央市山之神の住宅からいなくなった大型犬、ドーベルマンの飼い主の自営業男性(29)が9日、産経新聞の取材に応じ、「おとなしい犬で、逃げることはなく、何者かに連れ去られた可能性もある」と語った。

 男性によると、ドーベルマンは雄の5歳で、名前は「ゾロ」。一緒に飼っているグレートデンとアメリカンピットブルテリアを柵の中に入れていたが、ドーベルマンは庭にワイヤでつないでいた。7日午後8時ごろにいるのを確認したが、8日午前9時ごろ、首輪からワイヤが外れた状態で、いないのに気付いた。

 午後3時40分ごろ、南甲府暑に通報した。通報に時間がかかったことについて男性は「戻ってくると思い、自力で探していた」と説明。「小さい子供が背中に乗っても怒らない温厚な犬で、祭りなどに連れて行けるほど人に慣れている」と話した。

 その上で「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。呼べば寄ってくるが、犬に無関心の人には近付かない。見つけたら落ち着いて110番通報してほしい」と呼びかけている。

 自宅周辺は住宅や商業施設が立ち並ぶ地区で、同署が通学路などを警戒。中央市や近隣の昭和町、南アルプス市、甲府市、甲斐市は防災行政無線で注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ