PR

ニュース 社会

神奈川県情報流出「出品目的で3年前から」 容疑の社員供述

廃棄のために引き渡した会社から流出したハードディスク=6日、神奈川県庁(同県提供)
廃棄のために引き渡した会社から流出したハードディスク=6日、神奈川県庁(同県提供)

 神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)計18個がインターネットオークションで売られていた問題で、別のHDDを盗んだとして警視庁に窃盗容疑で逮捕された情報機器会社「ブロードリンク」(東京都中央区)の社員、高橋雄一容疑者(50)=横浜市旭区=が調べに対し「オークションで売却する目的で盗んだ。平成28年3月ごろから盗みを始めた」と供述していることが7日、警視庁への取材で分かった。

 捜査3課によると、神奈川県の流出分の関与も認める一方で、盗んだHDDについては「中に何が入っているか知らなかった」と説明しているという。

 逮捕容疑は今月3日午前6時40分ごろ、東京都大田区にある同社施設の消去室に保管されていたHDD12個(2万4千円相当)を盗んだとしている。12個がどこから廃棄を依頼されたかは分かっておらず、警視庁で確認を進めていく。

 同社が6日、警視庁に被害を相談。警視庁は同日昼ごろから高橋容疑者に事情聴取していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ