PR

ニュース 社会

新幹線殺傷公判 遺族の供述調書朗読「罪にふさわしい刑罰を」

 一方、小島被告は謝罪の気持ちは「一切ない」と述べ、遺族への思いを聞かれても、「私が刑務所に一生入っている(ことの)方が、優先されるべきと考えた」と言い切った。

 起訴状によると、小島被告は昨年6月9日夜、新横浜-小田原間を走行中ののぞみ車内で、女性2人になたで切り付けてけがを負わせ、梅田さんにも切り付け、殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ