PR

ニュース 社会

窃盗事件で捜査のアパートで出火 焼け跡から女性遺体 群馬・伊勢崎

 5日午前11時過ぎ、群馬県伊勢崎市長沼町のアパート3階の一室の玄関ドアの隙間から煙が出ているのを、窃盗事件の捜査対象の立ち回り先とみてアパートを訪れた県警藤岡署員が見つけ、119番通報した。火は約1時間後に消し止められたが、トイレ、浴室など約20平方メートルが焼け、トイレから女性の遺体が見つかった。

 部屋に1人で暮らす会社役員の男性(49)は、藤岡市で10月に起きた窃盗事件に絡み、藤岡署員が行方を捜していた高崎市の女性(45)の知人。出火当時は仕事のため外出していた。女性と連絡が取れておらず、伊勢崎署が遺体の身元確認を急いでいる。

 伊勢崎署によると、部屋の玄関ドアは施錠され、藤岡署員がインターホンを押しても応答はなかったという。遺体の近くには、詮が開いたストーブの燃料缶があった。

 藤岡署は「窃盗事件の捜査は適切に行われた」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ