PR

ニュース 社会

新井浩文被告に懲役5年判決 東京地裁「卑劣で悪質」

タクシーで東京地裁に入る新井浩文被告=2日午前、東京都千代田区(桐原正道撮影)
タクシーで東京地裁に入る新井浩文被告=2日午前、東京都千代田区(桐原正道撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の判決公判が2日、東京地裁で開かれた。滝岡俊文裁判長は「犯行は卑劣で悪質。経緯に酌むべき点はない」として、求刑通り懲役5年を言い渡した。新井被告側は即日控訴した。

 弁護側は、女性の反応から受け入れられていると誤認したと主張。同罪の構成要件である「反抗を著しく困難にするような暴行」もなかったとして、無罪を主張していた。

 判決は、体格差などを踏まえ、女性が何度も拒絶感や抵抗を示したのに服を脱がせたり押し倒したりした上で性交に至った状況を暴行と認定。新井被告自身が事件直後に「おわび」として現金を渡そうとしたことなどからも、女性と合意があったと誤信するとは「到底考え難い」と断じた。

 さらに、女性が客である新井被告に施術中だったという「抵抗しにくい状況に付け入り、続けざまに暴行を加えた」と非難し、実刑は免れないと結論付けた。

 新井被告は公判で、強く抵抗されず「同意があったと思った」と述べる一方、後に「同意がなかったのではないかという不安が少しあった」とも話していた。

 判決によると、新井被告は昨年7月1日、東京都内の自宅で30代女性に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した。

 新井被告は「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」などの映画に出演し、実力派として評価されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ