PR

ニュース 社会

局地的大雨や落雷の恐れ 気象庁が注意呼び掛け

 低気圧や前線が本州付近を通過するため、東日本や西日本では2日夜にかけて大気の状態が非常に不安定になり、竜巻などの激しい突風や落雷、局地的な激しい雨の恐れがあるとして、気象庁が注意を呼び掛けた。3日も全国的に風が強まり、荒れた天気になる。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が日本海を北東へ進み、2日夜には発達しながら北海道付近へ進む。そこへ暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。雷を伴って非常に激しい雨が降ったところもある。

 3日にかけても各地で強風になるほか、海上は大しけとなって高波となるところがある見込みで、気象庁は警戒や注意を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ