PR

ニュース 社会

被告「見事に殺しきりました」 新幹線殺傷事件初公判

小島一朗被告
小島一朗被告

 「鉈(なた)とナイフを持って、見事に殺しきりました」。走行中の東海道新幹線で昨年6月に男女3人を殺傷したとして殺人や殺人未遂の罪に問われた小島一朗被告(23)は、横浜地裁小田原支部で28日に開かれた初公判で、裁判長から起訴内容の認否を問われ、こう話した。

 午前10時半から始まる予定だった公判は20分ほど遅れた。「失礼します」。小島被告はゆっくりとした足取りで入廷した。髪は短く刈り込まれ、眼鏡に上下灰色のスエット姿。傍聴席や裁判員席を見回し、席についた。

 検察官が起訴状を読み上げ、裁判長から「違うところはありますか」と問われると、けがを負わせた女性2人について、小島被告は「殺そうとして、残念にも殺しそこなった」と言い放った。さらに、殺害した男性については「見事に殺し切りました」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ