PR

ニュース 社会

逮捕の男「30発くらい撃った」 神戸山口組幹部射殺事件

犯行現場近くの防犯カメラに写っていた朝比奈容疑者が逃走に利用したとみられる白色の軽乗用車=兵庫県尼崎市(住民提供)
犯行現場近くの防犯カメラに写っていた朝比奈容疑者が逃走に利用したとみられる白色の軽乗用車=兵庫県尼崎市(住民提供)

 兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、銃を所持していたとして京都府警に現行犯逮捕された男が調べに対し「全部1人でやった。30発くらい撃った」と銃撃を認める供述をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。事件は山口組と神戸山口組の対立抗争の一環とみられ、兵庫県警はこの男が事件に関与したとみて殺人容疑でも捜査を進める。

 逮捕された男は愛知県江南市の無職、朝比奈久徳容疑者(52)。捜査関係者によると、古川幹部は自動小銃で頭や腹などを狙い撃ちにされたとみられる。逮捕後の警察の調べに対し朝比奈容疑者は「全部1人でやった。古川に30発ぐらい撃った」などと供述。現場からは実弾の空薬莢(やっきょう)15個程度が押収された。

 朝比奈容疑者は山口組傘下組織幹部だったが、山口組で取り扱いが禁じられている覚醒剤に手を染めたとして、平成30年12月に「破門処分」を受けたとみられる。また、古川幹部は昨年3月と今年7月にも現場近くで暴力団関係者らにバットなどで襲撃されていた。

 事件は27日午後5時5分ごろ発生。犯人は古川幹部銃撃直後に車で逃走した。約1時間後、現場から約40キロ離れた京都市内の国道で京都府警が、逃走車両と特徴が酷似した軽乗用車を確認。1人でいた朝比奈容疑者が拳銃や自動小銃などを所持し、警察官に拳銃を向けたため銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。

 自動小銃は、発射や装填(そうてん)が自動的に行われる小銃。引き金を引く間は連続発射される全自動式(フルオート)、発射のたびに引き金を引きなおす半自動式がある。

 世界各地のテロ事件で使用され規制を望む声は強い。日本国内では、オウム真理教が密造に関わったほか、暴力団の関係先から押収されるなどしている。

 著名なのは旧ソ連時代に製造されたAK47(通称カラシニコフ)。安価な製造が可能で耐久性にも優れており、「世界で最も多くの人を殺害した銃」とされる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ