PR

ニュース 社会

ベビーベッドに挟まれ乳児死亡 消費者庁が注意喚起

ベビーベッドに挟まれ乳児が死亡した事故状況の再現(国民生活センター提供)
ベビーベッドに挟まれ乳児が死亡した事故状況の再現(国民生活センター提供)

 消費者庁は15日、木製ベビーベッドの側面にある収納部分の扉が開き、そこから落ちた乳児が頭部を挟まれるなどして死亡する事故があったとして注意を呼びかけた。収納部分の扉のロックが完全にかかっていなかったことが原因とみられる。

 消費者庁によると、今年6月に生後8カ月の乳児が死亡する事故が発生。9月にも生後9カ月の乳児が重症を負ったという。

 消費者庁はベッド側面にある下部収納の扉が開き、そこから落ちたとみられる乳児の頭部が顔を寝具に押さえつけられるように挟まり、乳児は息ができなくなったと推定。扉のロックが完全にかかっておらず、乳児が寝返りなどで接触した拍子に開いたとみられる。

 いずれも保護者が目を離した際に起きていた。

 2件のメーカーは異なっているが、扉はピンを穴に差し込んでロックする形式だった。国民生活センターが再現テストを実施したところ、ピンが穴に入っていなくても扉が止まることがあり、ロックがかかっていないことに気づきにくい構造だった。

 消費者庁は、ロックの確認や収納部分の上枠と扉をひもで縛るなどの防止策を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ