PR

ニュース 社会

京アニ事件「自宅出る時から殺意」「道に外れることした」転院の青葉容疑者、反省も口に

転院先の京都市内の病院に到着した青葉真司容疑者。青いタオルケットに包まれ、姿は見えなかった=14日午前10時17分、京都市内の病院(永田直也撮影)※一部画像処理しています※
転院先の京都市内の病院に到着した青葉真司容疑者。青いタオルケットに包まれ、姿は見えなかった=14日午前10時17分、京都市内の病院(永田直也撮影)※一部画像処理しています※

 アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が、京都府警の任意の事情聴取に対し「自宅を出るときから殺意があった」「道に外れることをしてしまった」などと供述していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。青葉容疑者は同日、入院治療中の大阪府内の病院から京都市内の病院に転院。府警は今後、逮捕の時期などを検討していく。

 青葉容疑者は7月18日にガソリンをまいて火を付けた際に自らも全身にやけどを負い、京都市内の病院に搬送されたが、重篤な状態が続いたため、20日にヘリコプターでやけどの高度な医療を受けられる大阪府内の病院に移送された。

 京都府警などによると、皮膚移植など主な治療を終えたことから、元の病院に戻り治療を続けることになったという。ただ、勾留に耐えられる状態ではないといい、逮捕にはまだ時間がかかるとしている。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は大阪府内の病院で受けた今月8日の京都府警の事情聴取で容疑を大筋で認め、「埼玉の自宅を出るときから殺意があった」「どうせ死刑になる」などと供述。さらに「道に外れることをしてしまった」と、反省とも受け取れる言葉も口にしていたという。

 京都弁護士会は聴取後の11日、当番弁護士派遣のために病院名を教えることや、聴取の録音・録画(可視化)を求めることなどを京都地検や府警に申し入れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ