PR

ニュース 社会

北日本で猛吹雪に警戒 低気圧急発達、北陸も暴風

 発達する低気圧の影響で14~16日に北日本の日本海側を中心に暴風雪や大雪、高波の恐れがあるとして、気象庁は13日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けた。北陸でも14日に暴風となりそうだ。

 気象庁によると、低気圧が急速に発達しながら日本海北部を北上し、西高東低の冬型の気圧配置が強まる見込み。また、14日夜から北日本の上空約1500メートルに、平年より10度ほど低い真冬並みの寒気が流れ込むという。

 14日にかけて予想される最大風速は北海道25メートル、東北23メートル、北陸20メートル。波の高さは北海道7メートル、東北と北陸6メートル。15日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い地域で北海道40~60センチ、東北10~20センチ。16日にかけ降雪量はさらに多くなるため、積雪や路面凍結、雪崩にも十分注意が必要だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ