PR

ニュース 社会

万引容疑者の自宅冷凍庫に遺体、母親か 愛知

 12日午前9時15分ごろ、愛知県瀬戸市東山町にある住宅で、窃盗容疑で家宅捜索をしていた瀬戸署員が、業務用の冷凍庫に遺体が入っているのを見つけた。瀬戸署が同日、窃盗容疑で逮捕した住人の無職、小嶋孝一容疑者(58)が「遺体は母親だ」と説明しており、死体遺棄事件として調べている。

 瀬戸署によると、母親は小嶋容疑者と同居していた平成25年1月に病死し、同容疑者の姉が死亡届を瀬戸市役所に提出していた。遺体は腐敗が進んでおり、同署は身元の特定を急ぐとともに、司法解剖して死因や冷凍庫に入れられた経緯を調べる。

 遺体の年齢や性別は不明で、頭を下にしてかがんだ状態だった。服は着ておらず、バスタオルが掛けられていた。同容疑者は現在、1人暮らしとみられる。

 逮捕容疑は29年1月20日午後8時40分ごろ、瀬戸市東山町の商業施設でインスタントラーメン1個(85円)を盗んだとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ