PR

ニュース 社会

居酒屋無断キャンセル、業務妨害容疑で59歳男を逮捕 警視庁

警視庁
警視庁

 居酒屋に偽名を使って電話予約し、無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署は11日、偽計業務妨害容疑で、東京都葛飾区新宿、職業不詳、小林恒夫容疑者(59)を逮捕した。調べに対し、「電話はしたが、予約はしていない」と否認している。

 逮捕容疑は6月26日、千代田区有楽町の居酒屋に偽名を使って電話し、「6月28日午後8時から17人、1万円で3千円の飲み放題をつけてほしい」と、1人1万円の食事のコースと飲み放題17人分を予約したが、来店せずに業務を妨害したとしている。

 同署によると、居酒屋の系列店4店舗にも、同じ偽名で6月28日に8~20人分の予約がされ、いずれも無断でキャンセルされたという。同署は、小林容疑者との関連を調べている。

 飲食店予約の無断キャンセルをめぐっては、店側は予約がある限り他の客を入れることができない上に、大量の食材が無駄になるなどの被害を受けることから問題となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ