PR

ニュース 社会

逮捕の60代男性、入院で釈放 東京・八王子の保育園児の列突っ込み

軽ワゴン車が保育園児の列に突っ込んだ現場=11日正午ごろ、東京都八王子市宇津木町
軽ワゴン車が保育園児の列に突っ込んだ現場=11日正午ごろ、東京都八王子市宇津木町

 東京都八王子市宇津木町で11日午前、横断歩道を歩いていた保育園児の列に軽トラックが突っ込み、子供4人を含む7人が負傷した事故で、警視庁八王子署は同日午後、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した運転手の60代の男性について、首の負傷で入院が必要になったとして、男性を釈放した。同署が詳しい事故状況を調べている。

 同署によると、負傷した園児は男児1人と女児3人で、4人はいずれも2歳だという。60代と30代の保育士の女性2人もけがをした。園児4人と30代の女性は軽傷で、60代の女性は頭部を負傷し入院した。

 事故は午前10時20分ごろに発生。男が運転する軽トラックが散歩中で横断歩道を渡っていた保育園児や保育士ら10人以上の列に突っ込んだ。信号は横断歩道側が青だったとみられる。

 現場はJR八王子駅から北に約3・5キロの幹線道路沿い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ