PR

ニュース 社会

羽田空港の断水、3日目でやっと解消 いまだ原因不明、究明急ぐ

 空港施設によると、6日午前8時20分ごろ、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通報があり給水を停止。第2ターミナルでも同様に供給された水に塩気があった。

 詳しく調べたところ、第2ターミナルビルの店舗やトイレなどに水を供給している貯水槽4基のうち、一部から高濃度の塩分を検出。また、ビル付近の空港内の水道管の水にも高濃度の塩分が含まれていることが分かり、国内線旅客ターミナルの全域で6日午前9時ごろから給水を停止した。

 第1ターミナルでは同日中に完全復旧したが、第2ターミナルは断水が続いた。飲食店は営業できず、トイレでは手洗い用の水が出ないため、水を入れたペットボトルを置いて対応した。

 空港施設は、管理する給水設備の水を抜いて清掃した上で、新たに給水する作業を7日に完了。水質検査に時間を要し、8日になってようやく、安全性に問題がないことを確認した。

 東京都水道局が管理する水道管から塩分は検出されておらず、空港敷地内で混入したとみられる。空港施設によると、水道管の破損は確認されず、第三者による混入の可能性も低いとみられるが、「原因は調査中」としている。

 さいたま市から札幌に向かうという主婦(61)は「帰りも羽田空港を利用するので、ほっとしています。帰りがけは、お店で楽しみたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ