PR

ニュース 社会

神奈川県警の男性警部 下半身露出で懲戒処分

神奈川県警
神奈川県警

 神奈川県警監察官室は8日、下半身を露出したなどとして、公然わいせつの疑いで県警オリンピック・パラリンピック対策課所属の男性警部(44)を書類送検するとともに、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日、依願退職した。

 書類送検容疑は8月19日午前4時半ごろ、同県二宮町の雑居ビルの1階外階段で、女性に自身の下半身を触らせるなどのわいせつな行為をしたとしている。

 同室によると、男性は前日の18日、同県藤沢市内で同僚と午後9時ごろまで飲酒後、電車で同県平塚市内に移動し、風俗店を利用。19日午前1時前にJR平塚駅のホームで面識のない30代女性に声をかけ、JR二宮駅までともに移動して犯行に及んだ。

 女性も酒に酔っていたという。通行人の男性が110番通報し、駆けつけた県警大磯署員が身柄を確保。取り調べに対し、男性は「自分の性欲のまま、行為に及んでしまった」などと供述したという。

 寺沢陽公同室長は「職員の倫理意識を高め、再発防止に努める」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ