PR

ニュース 社会

愛知の元市議、中国で無期懲役 「覚醒剤密輸」認定 歯は抜け落ち…

判決公判を終え、中国・広州市の中級人民法院(奥)を後にする桜木琢磨被告の弁護人(中央)=8日(共同)
判決公判を終え、中国・広州市の中級人民法院(奥)を後にする桜木琢磨被告の弁護人(中央)=8日(共同)

 【北京=西見由章】中国の広東省広州市中級人民法院(地裁)は8日、空港で手荷物から覚醒剤が見つかった愛知県稲沢市の元市議、桜木琢磨被告(76)に薬物密輸罪で無期懲役の実刑判決を言い渡した。弁護人によると、桜木被告は判決を不服として上訴する方針。

 桜木被告は2013年10月、広州市の空港から上海経由で帰国する際、スーツケースに入った厚底靴の靴底などから覚醒剤約3・3キロが見つかり拘束された。公判で「知人から商品サンプル入りのスーツケースを日本に運ぶよう依頼されたが、覚醒剤が入っていることは知らなかった」として無罪を訴えたが、判決は被告側の主張を退けた。

 桜木被告にスーツケースを渡したとされるマリ国籍の被告には、薬物密輸罪で執行猶予2年付きの死刑が言い渡された。

 中国の刑法は覚醒剤50グラム以上を密輸・運搬するなどした場合、懲役15年か無期懲役、死刑を適用するとしており、検察側は14年8月の公判で同様の求刑を行った。一方、中国の刑法は75歳以上には原則として死刑を適用しない規定がある。14年の結審以降、判決は5年以上にわたって延期が繰り返され、桜木被告は昨年9月に75歳になっていた。

 弁護人によると、桜木被告は法廷で判決を言い渡された際、首を横に振って納得いかない様子をみせた。6年以上に及ぶ拘束で「歯がほとんど抜け落ち、入れ歯の処置も行われず、食事に支障をきたしている」という。

 桜木被告は薬物運搬罪に問われたが、最終目的地が日本だったために判決で薬物密輸罪に変更された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ