PR

ニュース 社会

架空請求詐欺で3350万円被害 横浜の50代女性

 神奈川県警神奈川署は7日、横浜市神奈川区に住む50代のアルバイト女性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金計3350万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、1人暮らしの女性宅に6月26日、「民事訴訟最終通達書」などと記載されたはがきが届き、女性が記載されていた連絡先に電話すると、訴訟通知センター職員を名乗る男から「あなたに対する債権を持つ会社が、訴訟を起こそうとしている」などと嘘を言われた。その後、弁護士を名乗る男らが次々と加わり、「訴訟を止めるには弁済供託金が必要。お金は9割が返ってくる」などと言われ、女性は同月28日から9月6日にかけて計8回、指示された住所に現金を送付し、計3350万円をだまし取られたという。

 同署は「架空請求詐欺は世代に関係なくだまされる恐れがある」とし、同種のはがきが届いた場合は必ず警察署に相談するよう、注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ